月次アーカイブ: 7月 2016

早いもので2016年はじまったもう、半年が経ちましたね。

このまませずに、1年が終わっていく。。

そんな年を繰り返すのはもうごめんだ!

なんの話をしているのかさっぱりですよね。
だって、私もわからないんですから!!(きっぱり)

さてさて、あと1週間もたたないうちに、1年の半分が終わる訳なので、
「2016年の上半期で新しい育毛剤ってでたのかな〜」と不意に気になり調べてみると、
出てくる出てくる!

1個あればいいかなと思いましたが、数個ございましたので、
2016年上半期に発売された新型育毛剤をご紹介します!

ナノインパクト100

商品リンクはこちら → ナノインパクト100

ナノインパクト➕(ぷらす)という商品からリニューアルされて2016年の4月に発売された新型育毛剤。リニューアル商品ではありますが、2016年新発売ということで入れておきましょう!

この商品の特徴は浸透力!
他の育毛剤は浸透力が高いと謳う場合、ナノ水に育毛成分を混ぜ合わせてナノ化しました!と表現していますが、ナノインパクト100は毛穴の200万分の1の大きさのナノカプセルに育毛成分を配合しています。

一緒じゃね?

と思うかもしれませんが、成分の大きさがナノ水より大きい場合、ナノ水は毛穴をスルーできますが肝心の育毛成分は毛穴を通過できていませんからね。ただ水が毛穴に入っただけの状態ということです。(ミズジャカミハソダタナイ)

カプセルに育毛成分が入っているということは、成分も小さくなっているということですので、毛穴というフィルタリングに置いていかれることはないですから、毛根に届いているということになります。やるじゃん。

毛穴に育毛成分が届くからどうなの?という内容に関しては、ナノインパクト100の育毛力と浸透力は本当!?というサイトで、実際にナノインパクト➕(ぷらす)時代から試している方が、使った感想はおろか、どこかで拾ってきた効果検証の画像で詳しく検証しているページを見つけたのでご覧あれ、私からの説明は割愛させていただきます。(だって、僕は実際に試していないから!)

QEPPER(ケッパー)

商品リンクはこちら → QEPPER(ケッパー)

育毛剤を色々とチェックしている僕でも存在に気付かなかったQEPPER(ケッパー)(頑張れけっぱー!)株式会社ケーツーコミュニケーションズという会社が販売しているQEPPER(ケッパー)は、女性でも男性でも使える育毛剤として発売されています。

育毛剤とサプリメントの両方をおすすめしているのですが、
特に凄そうなのがサプリメント。

サイトの前面に、「特許成分配合!」や、「IGF-1(インスリン様成長因子-1)」に着目!と記載されていますが、これは育毛剤でなくサプリメントのことなんですね。(育毛剤の立つ瀬がない涙)

ただ、サイトを見ているとどういう配合で特許を取っているのかさっぱり記載がありません。。
気になってサイトに記載されている、特許番号:第4213617号を調べてみると「イソフラボンとカプサイシンが頭髪等の育毛用の、可食性組成物とする。」という様な内容が記載されていました。詳しくはこちら。

ただ、、これ販売会社である株式会社ケーツーコミュニケーションズでなく、フジッコの取得した特許なんですね。なんかちょっとずるい。で、肝心の育毛剤は、成分を見てみるとセンブリエキス、グリチルリチン酸2K、ジフェンヒドラミン塩酸塩と、結構どの育毛剤にも配合されている育毛成分で目新しさは0(ゼロ)です。

体の中(サプリ)からと外から育毛剤という対策方法は、既に先発のBUBKAもチャップアップもすでにやっていますし、そういう意味では育毛剤業界の荒波は超えられにくいのではと思います。。

コスメデコルテ・ステムノワール

商品リンクはこちら → コスメデコルテ・ステムノワール

コーセーが2016年の1月に発売した女性向けの育毛剤です。
コスメデコルテは、1970年に誕生したコーセーの高級化粧品ラインで、
通販では購入することができず、全国の百貨店やカウンセリング販売を行うお店でしか購入できません。

値段も高く、販売店舗も対面のみということから、
40代〜50代の薄毛に悩む女性に特化して造られた育毛剤ということがわかります。

成分は、イソプロピルメチルフェノール、D-パントテニルアルコール、酢酸DL-α-トコフェロール、l-メントールという有効成分を4つ配合しています。

D-パントテニルアルコールというのは女性用育毛剤ではかなり有名な成分ですね!新陳代謝を活性化し、髪の毛を太くし抜け毛を減らす効果が期待できます。イソプロピルメチルフェノールは抗菌作用が高く、酢酸DL-α-トコフェロールとメントールは、血行促進を促します。

高級感のあるパッケージで販売店も限られていますが、中身はごく普通で入れないといけない成分をきっちり抑えているという印象の育毛剤かと思います。40代〜50代の女性向け育毛剤ですし、ブランドのイメージもあるので、副作用になりにくい育毛剤と考えるとこういう構成に無っったのかもしれませんね!